top of page

公認・独立団体

ぬいぐるみ病院

​略称:

ぬいぐるみ病院(Teddy Bear Hospital)は、世界中の医療系学生が運営するNGOであるIFMSAの公衆衛生部門の中で、子どもを対象とした健康教育活動を行うプロジェクトです。主な活動目標としては、
1. ぬいぐるみを模擬患者に見立てたぬいぐるみ診察を通して「子どもたちに病院を怖がらないでもらうこと」
2. 子どもたちに正しい健康知識を伝え「健やかに生活してもらうこと」
です。全国約40大学で活動が行われていて、慶應義塾大学支部では幼稚園、小学校、病棟等での活動を不定期で行っています。医療教育に興味のある方、子どもが好きな方、などはもちろん、少しでも興味のある方はぜひ!

対面新歓日程

キャンパス
日付
時間
場所

公式紹介動画

SNS

活動情報

​活動曜日

不定期

​活動場所

信濃町
(四ツ谷第六小学校など)

​活動拠点

信濃町キャンパスに部室があります。

年間予定

​春(4〜6月

保育園等での医療教育

​夏(7〜9月

幼稚園、小学校での医療教育

​秋(10〜12月

小児病棟でクリスマスイベント(コロナ前)

​冬(1〜3月

小児病棟装飾

忙しい時期

特になし

団体構成

団体構成人数

15人

学年別人数

3年生:5人
4年生:4人
5・6年生:6人

キャンパス別人数

信濃町:15人

男女比

男:女=15:85

兼サー率

100%

​各種費用

入会費

なし

年会費

なし

器具費

なし

合宿費

なし

入会方法

入会期限

なし

年会条件

医学部、看護医療学部、薬学部所属

新入生以外の受け入れ

あり

入会方法

メールに連絡する

bottom of page